安全な包丁の選び方

安全な包丁の使い方と選び方について


包丁は調理をするためには欠かせない存在です。
しかし使い方を間違ってしまいますとケガをしてしまう恐れがあります。
しかし安全な使い方と選び方をすればケガをすることなく使えるのです。
まず安全な選び方なのですが、よく切れるものを使うことが基本になります。
よく切れる包丁は危険なイメージがあるかもしれませんが実はその逆なのです、あまり切れないものを使ってしまいますとつい力が入ってしまうのです。
その力がたまたま自分の指などにかかってしまいますと大きな力が加わりお怪我をしてしまいます。
よく切れるものであればあまり力を入れませんのでもしも自分の指に触れたとしてもあまり切れないのです。
そして使い方ですが、絶対に包丁の進行方向の方には手を持っていかないようにしてください。これは調理にあまり慣れていないと気には結構気をつけるものですが、慣れてきますとだんだんと油断してしまい、進行方向の方に手を持って行ってしまうこともあるのです。
それから収納をするときには必ず包丁の専用のポケットの中に入れる用意にしなければいけません。別のところに無造作に入れてしまいますとつい探すときに手を切ってしまうこともあります。
度しても包丁専用のポケットがないときにはカバーのついているものを使うようにしてください。
カバーがあれば触れてしまってもけがをする事はありません。
その他にも安全のために手入れをすることも大事です。手入れをしなければ包丁は自然に錆びたり刃こぼれを起こしてしまうからです。
それから子供が使う場合には子供の専用の包丁がありますのでそれを使うようにしてください。
これは刃先の部分が丸くなっ手いますので万が一当たったとしてもけがをしにくいのです。
また刃物の部分もそれほど鋭利になっていないものもあります。
まるでのこぎりのようなギザギザのついているもものもありますのでそれを使ってみるのも安心です。
このタイプは指に当たっても切れないようになっています。
包丁は取扱いには気を付けなければいけない危険なものですが、使い方さえきちんとしていれば問題はありません。
また心がけてほしいの必ず短い間であってもそのままキッチンのところに放置するのはやめてください。
放置していますと何かの拍子に落ちてしまい足をケガしてしまうこともあります。
小さな子供さんのいる家庭でしたらより気を付けなければいけません。
気を付ければ生活を便利にしてくれる道具です。

最近の投稿

Contents

Copyright© 2014プロの包丁と、家庭の包丁の越えられない壁 All Rights Reserved.