チタンコーティング包丁

チタンコーティング包丁の扱いやすさ


キッチン用品に求められる条件といえば、手入れが簡単で使いやすいものが挙げられるのではないでしょうか。家事に忙しい主婦の方にとっては、食事作りに時間は割けても、調理器具のメンテナンスには時間をかけられないことも多いと思います。そして、使用頻度の高い器具は特に使い心地が劣化しないことが大切です。少しでも調理時間を短縮するには重要なことです。毎日の調理に必ずと言っていいほど使用しているのは、包丁ではないでしょうか。毎日使っていると実感しにくいかもしれませんが、ふと気が付いた時に、切れ味が落ちているように感じたことはないでしょうか。また、錆がついていませんか。素材によっては、金属臭が食材についてしまい気になるという事もあるかもしれません。素材には様々な種類の金属が使用されていますが、それぞれ特徴が異なります。プロの料理人が好んで使うものは、切れ味の鋭いものが多いようです。魚や肉など、使用する目的に応じて専用のものを使い分けます。鋼の刃は非常に切れ味が鋭く、プロの使用にはもってこいの素材ですが、毎日の手入れが欠かせない繊細なものです。プロの料理人であれば刃研ぎは重要な仕事の一つですが、家庭での使用には不向きかもしれません。家庭で使うには、切れ味がそれほど鋭くなくても、安定した切れ味が長く続くことや、面倒な刃研ぎの必要もあまりない、汚れの付きにくく、におい移りの無い素材であることが重要になってきます。そこでお勧めしたい素材が、チタンです。チタンは錆に強く、耐摩耗性の高い素材です。嫌な金属臭もなく、肉や魚を切ってもにおいや汚れが付きにくいのも嬉しい特徴ですね。チタンコーティングした包丁が、最近話題を呼んでいます。家庭で使うには、固いかぼちゃや崩れやすいトマトまで対応できる包丁が望ましいですが、チタンコーティング包丁であればもちろんそれが可能です。魚をさばくのにも扱いやすさを発揮します。万が一切れ味が落ちてくることがあれば、シャープナーでさっと研ぐだけで切れ味は復活します。力もコツもほとんど必要ないので、ご家庭の主婦にも楽にメンテナンスが可能なのは嬉しい限りですね。今までの包丁では満足できなかった、使いにくかったという経験をお持ちの方にこそお勧めできる商品だと言えるでしょう。いい道具のポイントは、良い素材を使うことにあります。これからの包丁のスタンダードはチタンコーティングで間違いありません。

最近の投稿

Contents

Copyright© 2014プロの包丁と、家庭の包丁の越えられない壁 All Rights Reserved.